おはようございます!こんにちは!はるです。

ついにSplatoon2の予約開始!!そしてSplatoon2同梱版のSwitchが発売されることが発表されましたね!!わたしはamiiboの予約に精を尽くそうと思っています!!ヽ(^o^)丿

とあるゲームバースタッフの\日常/

前回のブログでソシャゲが好きだと話したんですげど、そのなかでも学生時代からずっとやってるアプリがありまして…今回はそのアプリのお話をしようかなと思います(`・ω・´)

スクフェス

その名も…ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルです!!

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルってどんなゲーム?

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(略称スクフェス)はスマートフォン向けのリズムゲームです!ライブと呼ばれるリズムアクションをクリアしたりランクを上げたりしたらストーリーを解放されて、ストーリーをクリアすればライブでプレイできる楽曲が増えていくという仕組みです!

個人的な押しポイントとして、ストーリーをクリアしていけばプレイできる楽曲が増えるんで楽曲追加のための課金などは一切ありません!ありません!(ありません!)#ありません!(大切なことなのでry)

楽曲数って少ないんじゃないの…?

楽曲数って少ないんじゃない?って思われるかもしれないですが、が!楽曲数はなんと100曲以上!!!

ストーリークリアで増える通常楽曲に加えて日替わりの楽曲なんかもあります!すごい!

おはるプレゼン~スクフェスのここがすき!~

こういうスマホのリズムゲームってデレステだったりバンドリだったり色々ありますよね。けどわたしは学生時代からずっとスクフェスをシャンシャンし続けてます() なんで他のリズムゲームをやらずにスクフェスばかりをやってるのかを超個人的観点からお伝えします(∩^ω^∩)

そのいち!配置!

(※その”いち“と、は”いち“(配置)はかけてません)

デレステ バンドリ

上のふたつはデレステとバンドリのライブ画面です。かわいいですね。

スクフェス

上記はスクフェスのライブ画面です。デレステ・バンドリとスクフェスのライブ画面に違いがあることにお気づきでしょうか…?

…はい!そうです!!リズムゲームをする上でタップするアイコンの配置です!!

スクフェス 持ち方

こういうアイコンをタップするリズムゲームって基本スマホを横向きに持つんですけど、わたしは普段上の写真みたいな親指でタップする持ち方をしています。この持ち方だと親指の上下運動がしやすいんでスクフェスの半円形の配置がめっちゃやりやすいんです!!

そのに!URカードへの細かな工夫

スクフェス UR

こちらのなんともかわいいURのことりちゃん、かわいいですね。かわいいです。

こちらのURのことりちゃんなんと…

スクフェスUR

ほかのURのキャラクターのカードと絵柄が繋がるんです!!

スクフェス スクフェス UR

はい、かわいい~~~(大声)

番外編!わたしの推し!

ここまで何枚かの画像を載せてきてキャラクターを見ていたら明らかに分かると思うんですがスクフェスでのわたしの推しは南ことりちゃんです(・8・)

ことりちゃんはどのことりちゃんでもかわいいんですけどその中でも特に好きなカードがありまして…

南ことり スクフェス

それがこのことりちゃんになるんですけど実はこのことりちゃんゲームバーカティーナにいるんです!!

南ことり フィギュア

こちらのことりちゃんのフィギュア、年末年始の営業終了後に密かに行われていたビンゴくじ引き大会の景品だったんですがわたしは引き当てることが出来ず他のスタッフが当てたんですがことりちゃん推しではないからとかなんとかで店内に飾られることとなりました(´・∀・`)

疲れたときや心が荒れたときはこのことりちゃんを眺めて心を癒しています…

おわりに!

さて、長々とスクフェスへの愛を綴りましたがスクフェスの楽しさを分かって頂けましたでしょうか??

現在、新しい子たちが追加されたバージョンが更新されており、スクフェスをインストールしたらわたしの推しであることりちゃんがいるμ’sのモードか新しい子たちのAqoursのモードか選べるようになっています!

スクフェス

キャラクターもかわいいんですが曲もひとつひとつ良いので通勤中の電車の中での暇つぶしにぜひインストールしてみてはいかがでしょうか??

 

はる

ゲームバーカティーナ メディア情報

営業時間:全日 13:00〜翌5:00

住所:〒530-0027
大阪府大阪市北区堂山町15-15
鳳城ビル2F
GoogleMapを表示する

電話番号:06-6809-4195

ホームページ:ゲームバーカティーナ | 大阪 梅田

Twitter:@GameBarCatena